島交流の会/しまのがっこうは、本年も島の元気を応援してまいります。
     ご支援よろしくお願いいたします。

2009年07月22日

運不運の分かれた皆既日食

日本で46年ぶりの皆既日食は、結局、場所によって天候の運不運が分かれたようです。
梅雨前線の思わぬ南下で、トカラや屋久島南部、種子島などは、雨模様の分厚い雲に太陽を(月も)遮られてしまいました。奄美、喜界島、屋久島西北部などは、パーフェクトとまではいかなくとも、太陽が月によって欠け満ちるさまを観測できたとか。コロナやダイヤモンドリングまで見られた幸運な方もいらっしゃったようで良かったですね。

日本国中(世界中?)でフィーバーした皆既日食の映像が、もうネットから見られるようになっています。NHKは、生中継番組の一部(硫黄島と太平洋上の船から撮影したもの)を、放送終了直後に番組サイトとYouTubeで公開しました。




○奄美の皆既日食を報告したブログ記事
≫カメラと写真と奄美大島と: 2009年7月22日-皆既日食-奄美
≫奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG
≫あまみ便りblog: 皆既日食、当日!
≫徒然なる奄美: 2009奄美皆既日食!!
(↑こちらにはYouTubeの映像があります)

○喜界島の皆既日食を報告したブログ記事
≫自然の歌綴り〜長島稔の日記〜: 皆既日食ドキュメント
(↑こちらにはYouTubeの映像があります)

○トカラ列島の皆既日食を報告したブログ記事
≫トカラ皆既日食 7島 中継プロジェクト: 10:50頃から11:00頃までの各島の様子
(↑こちらにはYouTubeの映像があります)

○屋久島の皆既日食を報告したブログ記事
≫フォトライター菊池の屋久島移住ライブ日記: 7.22皆既日食ドキュメント in 屋久島
≫縄文じいさんの屋久島日記: モッチョム岳の皆既日食
(↑こちらにはYouTubeの映像があります)
≫Romp diary: 昼の夜
(↑こちらにはYouTubeの映像があります)
≫屋久島発 田舎通信: 皆既日食は残念

○種子島の皆既日食を報告したブログ記事
≫HOTEI official BLOG: 種子島にて皆既日食体験


YouTubeの映像の主役は、島によって雨雲か太陽かにわかれたようです。
新聞もいろいろと報道しています。次はその一部。
≫「いま晴れて」「感動した」日食観測、各地で一喜一憂(朝日新聞 2009/7/22)
≫46年ぶり皆既日食 国内、あいにくの空模様(日経新聞 2009/7/22)

次回の日食は10年1月15日の部分日食。12年の金環食は、九州南部や四国、関東などでも見られそうです。そして、26年後の2035年9月には再び皆既日食が日本に訪れます。その日まで長生きできるかどうか・・・。
(ミナミ)
 


posted by シマオ at 17:43| 鹿児島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 皆既日食の関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。