島交流の会/しまのがっこうは、本年も島の元気を応援してまいります。
     ご支援よろしくお願いいたします。

2011年12月30日

アイランダー2011スタッフ日記

当日の準備スタッフの1人でありました鈴木から、 しまのがっこう屋久島編のレポートをお送りします。
 →イベント報告

11月26日、27日の2日間に渡って開催されたアイランダー2011に、しまのがっこうもブースを出しました。
アイランダーは、日本中の数々の島が集まり、魅力を惜しみ無く披露するイベントです。
各島の観光情報あり、特産品の販売(試食も!)あり、Uターン・Iターン情報あり、移住相談あり、歌や躍りもあり、で毎年盛り上がっているのです。

image002.jpg

しまのがっこうは、このホームページでも紹介している通り、日本の島々の魅力を、学校の授業形式で地元の方に講師として教えてもらいながら交流を図っています。「我々がアイランダーで何ができるのか」をスタッフで議論し、やはり「日本の島々を紹介するしかない!」ということで「しまのがっこう体験版」を行うこととしました。アイランダーに来ている島の方々に講師になっていただき1つの島・地域を15〜30分くらいで紹介していただこうということになりました。

2日間で10以上の島・地域を紹介する計算になります。いくつかの島にについては、事前に講師をしていただく手はずが整いましたが、残りは、当日会場で交渉することになりました。

image004.jpg

そして、アイランダー当日。前日の準備がなかなか進まず、朝からてんやわんやでブースの装飾やら講師の出演交渉を行いました。昨年は、お客さんとして来ていた自分ですが、準備ってこんなに大変なんだなあと、実感。

出演交渉は、小笠原・犬島等々。また、当ブースの装飾がさみしいということから、ポスターを各ブースにもらいに行くのもあり、走り回っていました。そうこうしているうち、あっという間10時の会場を迎えました。

image006.jpg

お客さんが少しずつ増えてくる中、「しまのがっこう体験版」は与論島から始まりました。1日目は 与論島、犬島、八丈島、佐渡島・粟島・飛島、屋久島、口永良部島、2日目は座間味島、種子島、小笠原諸島、トカラ列島・三島村・鹿児島県、気仙沼大島、喜界島、奄美大島、沖永良部島、三宅島の体験版を実施しました。

体験版の授業は、15分から30分程度の時間ですので、島の魅力をどのくらい紹介できるのだろうかと思っていましたが、各島の講師の方々はやはり地元のことに熱い思いをお持ちで、生徒(参加者)の方々と話をしながら色々なことを話されていて、本当に時間が足りなかったと思います。講師のみなさん、ごめんなさい。

image008.jpg

通りかかるお客さんは、「しまのがっこう」という名前を見て、総じて「ここは何のブースだろう?」という顔をしていきます。時には、「ここは何をしているところですか?」と聞いてくるお客さんもいて、そんなときは 同じくスタッフの「勧誘のプロ」垣沼さんに引き渡すと、ものの1分で そのお客さんは 椅子に座って講義を聴いてしまうのでした。

また、ブースの壁には私が今まで行った色々な島の写真を300枚程度 ランダムに貼り付けてあり、これに興味を持たれたお客さんがブースに近づいてくると、同じくスタッフの「勧誘のプロ」垣沼さんに引き渡すと、ものの1分で そのお客さんは 椅子に座って講義を聴いてしまうのでした。 垣沼さんの話術に感嘆。

image010.jpg

子供さんにも島の魅力を知って欲しいということで、島をかたどった砂絵も用意し、何人かのお子さんに遊んでもらえました。

image012.jpg

進め方としての反省点は、時間割りがあらかじめ決められなかったことから、「あの島の講義を聞きたい」と思ったお客さんがいても、その島の講義があるのか、あるとすればいつあるのか」が分からなかったという点があったと思います。
ま、これは講師の方の時間の都合にあわせて講義時間を自由に変更できたというメリットでもありましたが。

良かった点は、講義受講者にその島のアンケート・クイズを行いシールを張ってもらったことです。講義を受けた感想が見た目で分かるというにぎやかさが、時間を追うにつれてブースの装飾を充実させていきました。

image014.jpg image016.jpg

11月に犬島に行ったときに、快く講師を引き受けていただいた 犬島の在本さんを初めとして、当日急に講師をお願いしたにも関わらず快く引き受けてくださった講師の皆様には本当に感謝いたします。

しまのがっこう本校は、時間も3時間程度、家庭科(地元料理の試食)や音楽(地元やゆかりのある歌を披露)、放課後(地元のお酒などを楽しみながらの交流会)などもあり、不定期ですが開催を続けていければと思っています。

「私の島を紹介したい!」という方も、「この島について『しまのがっこう』を開いて欲しい!」という方も、「しまのがっこうに関わりたい!」という方も、みなさん大歓迎です!

 →イベント報告
posted by シマオ at 11:44| 鹿児島 | Comment(0) | TrackBack(0) | しまのがっこう報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252678664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。